読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

映画僕だけがいない街の藤沼悟 のキャスト藤原竜也と少年期の中川翼について演技はどうなるんだろう。

スポンサーリンク

 面白そーと思っているのが
僕だけがいない街
これまんがで読んでて好きだったんです。

 普通にネタバレするのでいやならよまないようにしましょう!
映画の予告動画を見る感じだと、
藤原竜也がメインですよね。
少年期をやっているのは
中川翼? だれだろ。子役は良く知らない。
みたいだけど、
作品中は大人の思考がはいるので
声が藤原竜也さんのをあててるみたいです。

 流れとしては
中川翼君が演技。子供の時代にみんなで話すときは
この子の声。考え事をしてる時は
藤原竜也のこえになって大人っぽさをあぴーるですね!

そうしないと作品の大人っぽさをうまく出せないから。
はずれたらごめん! 映画見よう。

 内容についてネタバレあり

 

藤原竜也君がかっこいーーけど映画の内容がよくわかんないという人へ
主人公の藤沼悟(藤原竜也)くんは売れない漫画家。
彼には特殊な能力があって
不幸な事件事故がおこりそうになると
その直前に戻るのうりょくがあります。

能力を使っていいことをするんですが、
きのりはしてません。
痛い思いをいっぱいするので。

母親と一緒の時に
能力のリバイバル、再上映が起こるんですが
主人公にはとけず、母親に変わったことないか?
とたずねてたすけをもとめます。
リバイバルがとけないとずーっと
時間にとらわれちゃいますからね!

 母親はそれから、小学生誘拐犯を
みて犯罪を未然に防ぎます。
このときは犯人と母親が知り合い。
もちろん主人公も知ってる人。

 のちに、犯人によって母親が殺害
悟は母親殺しの濡れ衣を着せられて
リバイバルが起こります。
そうやってリバイバルを繰り返していくと
小学校時代に戻ってしまいました。

 実は、その犯人は
小学校時代から連続して小学生を
殺害している人だったのです。

さあ、その犯人はだれだ!
となりました。
映画でやるのはたぶんこの辺りまで。
1,2時間で犯人までたどり着かないだろー
とおもいます。

あ、犯人は八代学’(がく)といって
小学校の頃の担任の先生なんですけどね。
なかなかこれがしっぽをつかませないので
どきどきします。

 連続殺人犯なので、
主人公はがんばるんですがしょせん、
売れない漫画家。しょっちゅうへたをふんで
しっぱしてます。

 漫画だと八代学にばれて
一回殺害されそうになるんですよー。
うっかりしすぎ! でも、
結構頑張ってます。

 なんていうか、小学校時代の
虐待まで絡んでくるので
難しいんですよ。
殺害されるのはそういう
ひとりぼっちのこ。

 こわーい。
ひとりだからやりやすいんでしょうけど、
先生が用意周到に計画を練るあたりに
狂気をかんじますね。

 


  演技について


 演技は藤原竜也について
特に心配してないなー。カイジ
くらい演技よくできてました。
今回の主人公は同様に暗い大人で
演技しやすそう。

 中川翼くんがたいへんそうだなーとおもいます。
見た目は子供、頭脳は大人な子を
演じるのでやりづらそう。
 藤原竜也の声はあとから
あてられるんですよね。
とすると、その時には台本で
こういうこと考えてるのかーとおもいながら
演技。これって子供にとって
むずかいでしょう。

 映画の中で
子供の時の割合は知らないけど
漫画だとながめ。
そうすると
ほとんどはこの子の姿を見ながら
藤原竜也の声を聴くことになります。

ファンからすると声だけだと
物足りなさがありますね。
そういった意味だと行く人が
限定されそう。

 演技は
二人で一人みたいな感じなので
どれくらい息が合わせられるかっていう
のがあります。

声と体がうまく演技できると
せいこうですね。

 作品は面白い作品なので
楽しみにしてます。

 

kame905.hatenablog.com

  こんな感じで前に紹介したことがあります。