読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

洋画の吹き替えって声が小さくなるのが苦手

日常

スポンサーリンク

 「ぼそぼそ」っとなってドカーンと騒がしくなるよね!
  普通のアニメの声優さんだったら
シリアスなシーンでもはっきりしゃべるじゃないですか。ひぐらしのなく頃にで聞き取れない声で
しゃべるシーンなかったと思うんです!
 
 でも、洋画の吹き替えだと
「ぼそぼそ」みたいな! あれ苦手です。
そこで声小さくしないでーーー
なんていうか、
声の質で頑張ってほしい。

 かためで、くらくて、それでいて聞き取りやすい
声。僕全然プロじゃないから抽象的ですけど
わかりますよね。

 雰囲気崩さないようにちいさくちいさくしゃべっていると困るのが音量。
きこえなーい。とカチカチリモコンをいじる。
通常の2倍くらい。


 どかーん。

 大音量。これは洋画によって
ちがいますけど。静かなシーンの後には
やたら大きな音が鳴ると思うんです!
びっくりするほど。

 

 そりゃね、自分で音量あげてるから
あたりまえなんですけど。
小さな声が終わった瞬間に
音量を適正範囲内に戻す離れ業は
もってないです。

 声をおおきくしてしゃべってほしい。
吹き替え前の音声だと
いくらか聞きやすいです。
英語がすらすらとながれるね。


一言もわかんないけどね!