カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

ダミー財布で海外旅行しよう!人にとって他人の考えを疑うのは簡単だけど自分の考えを疑うのは難しい。

スポンサーリンク

 海外旅行をすると治安の悪さ、スリについて
いしきしなくてはいけない。日本とはまるで違うのだ。


 

教室をあけたら財布を盗まれる。

 

 海外留学をしたときに
授業が終わった後にごはん休憩があった。
次の時間は同じ教室で行う。

 びっくりすることに
同級生はバッグを置いてごはんをたべにいった。
時間にして20分ほどあけたと思う。
もちろん財布を取られる。

 あほーーーー


 これから海外旅行をする人へダミー財布をもってあるこう

 日本人はカモだ! とおもわれてるのをお忘れなく。
金があり、ものすごく緊張感のない連中。
それが泥棒から見た日本人。

 なので、その気持ちを逆に利用しよう。
ズボンのぽっけに財布をいれて
歩くのだ!

 うむ。ズボンのポケットは
前ポケットがお勧め。
 泥棒には日本人のことを間抜けだと思うから
財布を裸のまま持ち歩いていても不自然に思わない。
むしろチャンス! と考える。

 ありとあらゆる手を尽くして
空の財布をむしり取ってやろうと考える。
誰に言われたのでもない、
人は自分の考えを疑うのはむずかしい。

  旅行先で
自分のお金を守るのは
大切なことだ。
気をつけなさいといわれて海外旅行に行っても
本当に気を付けるのは大変。
だって自分は安全な国で生きてきたのだから。

これも自分の考えを疑うのは難しいということ。
日本はいいくにだよねー。
お財布をいれたバッグ
ほったらかしにしてても
盗られるなんてありえないもの。

10回やって10回とも
大丈夫でも
海外なら
10回やって10回とられます!

まずは盗まれる。という前提に立ってみてほしい。
自分は泥棒にとって素晴らしく魅力的なカモ。


 混雑の注意点
・電車編
 密着してくるやつがいたら
全力ではなれなさい。それは痴漢じゃない、スリだ
近づかれたらばっくをあけられてしまう。
普通にタオルで隠す知恵なんて
日本人はもってないから取られてしまう。
バックは日本のだから防犯意識は高くない。
あぶない。

 ・小道より大通りを

 混雑がだめでも小道に入っていけない。
人がいないところはスリよりもっと恐ろしいものがある。
それがなんだかは時と場合による。
スリにとられるものか命か。
大事なのはどちらかを判断して大通りを歩いてほしい。

 ・しゃべってるときに油断しない

 普通、外国人かどうかは一発で判断がつく。
僕らがアメリカ人をどの州出身かわからずとも
旅行に来ているのがすぐにわかるように。
 よって、ぺらぺらと訳の分からない英語で話しかけられたら
物をぎゅっとつかんでおくといい。ただし、後ろから
バイクの音が聞こえてきたら脱力しよう。海外の治療費は
めちゃくちゃ高い。
 基本はNO! でいい。よくわからないなら
わからないといったほうが向こうも助かるだろう。