読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

わかりやすい文章の書き方を書くコツでおすすめの本

スポンサーリンク

上手な記事が書ければ毎日の更新が楽しくなる。
そうすると生き生きした生活をおくれて素晴らしい。
 しかし、今の自分の記事に自信が持てないから本を買った。
目標ははてぶが集まる記事を書くこと。

 

 

 



 題名と内容紹介


 

 「わかりやすい文章の技術」藤沢晃司が題名。

副題は読み手を納得する18のテクニック

 内容は全8章
1、2章でダメな文例を紹介。校正した良い文例を
併記している。

3,7章がテクニック18がすべてのっていた
8章はチェックリストがのっている。

 

 

 

 


1,2章について

 ダメな文章とは具体的にどのようなものか

役所のダメな文章、病院のダメな文章など
もってまわった言い回しでわかりづらい。
短くしすぎでわかりづらい。

 「短い文章がいい文章」という書き方だけでなくて
短くても悪い文章になるのが新鮮。



 

 

 

 

 

 

 

 3章、7章

 

 

 

 

 本の内容でここが一番気になるところ
いい文章の書き方まで詳しく乗っていました。
作者の比喩用言とか好きです。


 8章

 

 

 チェックリストなので全体を通して分からないことがあれば
本の内容に立ち返ることができます。


 補足


 2004年なので時代を感じるところがあります。
文章技術については今でも言っていることは同じようなものなので
内容は通用します。