カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

ファントムメナス、スターウォーズ4作品目の映画を子供の時に見た時の感想と大人になった時の感想を比べてみる

スポンサーリンク

 スターウォーズのファントムメナスは有名だし、
みんなよく知っていますよね!小学生の頃の自分はそういうのよくわかってなかったです。


 小学生の頃はよくわからんかった


 この作品がはじめてのスターウォーズ作品。
まずね、ジェダイが時代の騎士にきこえた。
微妙な騎士だとおもった。

ストーリーについて。
お、おおう。難しい。
えっと宇宙船に入ってなんやかんややって
惑星に2か所いってなんやかんややって、
で、どっか議会でいろいろやってるんだね!

ハッピーエンドなのかなーと思いながら
見てました。

アミダラ女王とパドメが同一人物だったことに
おどろきました。白い顔したおばさんが
天使だったとは!みたいな驚きです。


 

 大人になった時に見た感想

  アナキンの演技上手ー。
あなたは天使って口説き文句だったんですね。
子供の時はこいつはいったいなにをいってるのか
よくわかってなかったので記憶にすら残ってなかったです。
僕の記憶に年上好きの少年がアナキン!というイメージがなかったので
間違いないでしょう。

つづいてアナキンがおこるところ。
あなたは奴隷? の次に人間だよといって
怒るシーンかお上手です。
英語でもそこそこ感情込めていえてそう。
 

 

 ・衝撃の事実
 オビワンの師匠死んでんじゃん!
というのに大人になって気づきました。
ごめん、全部オビワンがやったのかとおもってた。
  えっと、オビワンは人間並の寿命で
帝国の歴史は思ったより短かったんですね。
人間にしてはずいぶんと長生きだなーと
あほなことを思い浮かべながら今までのスターウォーズ見てた。

 

オビワンの師匠ーーーーーー!
亡くなってたのにいま気づいた。なんか、そのごめん。
子供と子に見た時は眠くてさー。寝てた。
よく考えると中盤から最期まででいしきとんでたわ。
熱心なスターウォーズファンと話す機会がなくてよかったと
心の底から思いました。


 成長したなーと思ったとこ。
 ネタバレすれを読んで知識を深めることを覚えてました。
やったね! シスってなんなのかが
丁寧にウィキに書かれててちょーべんり。

ダースべーダーの前に出てきた悪役の人たちって
何がしたかったの? 金? とかいう
よくわからんもやもやに光明がさしました。

アナキンの人生って波乱万丈で
映画になるとすごいですよね。
幼少期からいままでフォースにふりまわされっぱなしというか。

フォースがなかったら辺境の星で
ちびちびと機械のメンテナンスでもやって生きてたんじゃないでしょうか。
普通にやっていれば部品を売っていた人はもうちょっと長く商売してたろうから。

つづいては事業に失敗して、
今度は成長したアナキンが年老いた母の世話を
なんていう涙涙のお話があったかもしれないです。

実際は帝国の支配者かー。
アナキンをあごでつかってた商売人の人、
なんかすごい。
そういうの全然予想ついていなかったろうに。

成長してから特に仕返しされてなかったから
扱いは普通だったのか。

またスターウォーズ見ようかなー。
ちょっとずつ見てけばいいよね。