読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

股間のかゆみをなくす5つの工夫

スポンサーリンク

 睡眠を妨げるものに股間のかゆみがある。
これがやっかいなもので、日中は何ともないのくせして
さあ、寝るぞとなった時にひょっこりと顔を出す。
曲がり角で突然とびだしてくる子供のように性質がわるい。
あらかじめ周囲の状況を確認しておくことで事故に予防になるように
かゆみを抑える工夫をするtことでよるにぐっすりと眠れるようになる。
 その方法について5つ紹介していく。

 1、パンツをはかない
パンツは蒸れる。湿気があつまるくせに通気性が悪いからだ。
なのでいっそ脱いでしまうといい。あるいは通気性のいい専用のパンツを
はくことだ。金がもったいないので僕ははかないことにした。
もちろん、夜限定の話だ。

 2、風呂の時間を短くする
奈が風呂好き二はつらい選択である。が、夜のかゆみにくらべれば
なんともない。大事なのは一時の快楽か夜の睡眠かで選択するといい。
欠陥が膨張することで股間に対する刺激に敏感になる。
よって、欠陥が膨張しないようにぬるま湯にさっとはいるか
シャワーにかえてしまうのがいい。
きずがつくことはかゆみに原因になるのでごしごしと
かいてはいけない。風呂上りもだ。
なるべく湿気をとることを考えて上から水分をとるだけでいい。
こすらない。

 3かゆくなる前にかゆみ止めをぬっておく
大体かゆくなる時に塗っていてはおそい。
かゆみが出る前に塗っておくといい。
僕の場合は蒸し暑い日になると天気予報が言っていれば
その前の日に塗る。冬場は特に乾燥しているときに
塗る。大事なのはかゆくなってからじゃなくて

かゆくなる前の対処だ。

 4爪を短く切っておいてきれいにしておく
夜中に無意識に書いていることがある。
これを防ぐのは至難の業。なので、
爪をきっておこう。少なくとも自分の体に傷をつけても
最小限のかゆみですむように。
基本的に股間をかくと肌が傷つくだけで
さらにかゆみがますだけ。我慢したほうが良い。

 5汗をかいたらすぐにふくようにする
汗は体のきんにとって栄養源である。
老廃物がしみ込んでいるので極上のレストランの食事みたいなものだ。
そのまま放置しておくことでかゆみの原因になる菌が
はんしょくする。それに放置しとくのはくさい。
ちなみに、はやくうごくよりもゆっくり動いたほうが汗をかきにくい。


 これらのことをやって得られるメリットは夜の睡眠のしつがよくなる。
毎日元気に過ごせるので非常に気分がよかった。ごはんがおいしくなるし、
音楽をきいてリラックスできる。股間の凸凹がなくなるのもうれしい感覚だ。
ぜひ実践してほしい。