カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

電柱のケーブルをよくみると3本1組になっているのに気づきませんか。あれって科学を利用した節約なんです

スポンサーリンク

 電車の中でぼーっとしていたときに電柱のケーブルがよく目に入ります。
ものすごい至近距離でびゅんびゅんとばすものだからどきどきしますね。
で、もうちょっと見てみると3本になっているのに気づきました。

 なんでかをしらべてみたらケーブルの長さを半分にしているんです。
電球の実験でもわかるように普通は行きと帰りの電線を用意しないと
電球がつかないですよね。

でも電線でそれをやるとケーブルが2本いります。

3相交流といって3本の電線ケーブルでつないであげると
タイミング次第で帰りの電線が不要になるんだとか。
本来は6本必要なところを3本にしているのでケーブルの節約になっていますよね。

上手いこと考えているんだなというのを知っりました。
こういうの節約方法は規模が大きいと効果があります。

日本全体をぐるっと一周するケーブルにするか。
日本全体をぐるっと半周するケーブルにするか。
半周するほうが断然お得。
ケーブルの購入が半額、工事期間が半分、人件費が半額。
といいことづくめです。


続いての変化

 今度はケーブルを地中に埋めてしまう計画が進行しています。
東京の大都市からなので地方はもっとあとですけど。

 埋めることで電柱の費用は浮くけれど
地中に埋める分で同じくらいかそれ以上のお金がかかります。
これのメリットは都市景観の改善!

 はあああ?
そんなものに金使ってんの。と思うかもしれないんですけど
フランスだと電柱は地中化してます。
こうすると観光客が気分よく見てくれるんですよ。

観光立国として外国人が増えているのはご存知の通り。
なのでもっと日本にいい印象を思ってもらおう。
っていう感じです。
お金をどんどん払ってくれる外国人観光客は大歓迎ですから。

将来的に、マナーがよくなるといいなーーー。
あ、電柱の話でした。
東京オリンピックの頃には東京の主要道路の電柱を
下におろすんだそうですよ。


 勝手な妄想

 つづいての未来予測。
地中化が来たら無線!に。
どうでしょうか。中継地点としてなんか
ちっちゃい機会を地面に埋め込んで
各家庭への送電を行うっていうやつ。


 ははは、ねーよ。というのが今の技術ですよねー。
僕、送電の理屈がさっぱりなんですけど
できたらすごくないですか?
ケーブルがなくなったら
地震が起こっても断裂しないわけで
修理にお金がかからなくなるんです!