カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

カクヨムのはてなブックマーク活用でネット小説が商業小説らしい作品に変わる

スポンサーリンク


小説投稿サイトはなろうをカメ太は読んでいました。
なろうは数万作品があるので誰にも見てもらえない作品が埋もれています。
見つけるとしたら、ほかのサイト、作者のお気に入りなどから地道にみつけるだけ。

が、
カクヨムは違う。

 

はてなブックマークがあります。


はてブと小説の組み合わせは、
思わぬ良作を見つけられる。

いま、カクヨムはランダム形式で新着の小説を載せているだけなので
良作がみつけづらい。
それにもかかわらず、はてブに乗ることで有名になります。

 

たとえば、ホラー小説のこれ。
ろくごまるにさんが電子書籍を契約したのに出版されない!
 という内容ではてブに乗りました。

第一話にブックマークがついて、有名になったものです。
3月1日で367もブックマークがついてます。
すごくない?

だって、アマチュアとプロが何人も参加して最初に注目されたのが
この作品、1話です。
㎴が3万となってます。

(小説家になろうだと初投稿は45㎴が普通です)

レーベルから連絡まで来ちゃったっていうんだから驚き。

ブックマークとツイッターの宣伝

はてブを押すとツイッターに流れるじゃないですか。
そうするとはてなを使っている方が、みて押して。
新着エントリーに乗って、バズる。

このながれが小説投稿サイトでできるのがすばらしい。
普段、小説を読まない層が新着エントリーや、ツイッターに流れてくることで
がっと流れてくるわけです。

で、いままでのネット小説とちがったものが受けるようになるんじゃないか?
と思うようになりました。
普段ネット小説を見ない層があつまるからです。

商業小説と相性がいい

ネット小説だとだらだらと話が進みがちなんです。

なーんの起伏もない話が続いて終わる。
食べて、遊んで、飲んで。

ポイント評価は長くやっている小説
長くやってる作品が、有利! 
なので、いい作品が埋もれる。
これが今までのネット小説でした。
はてブしないです。

 

はてなブックマークを集めやすいものは?

おもしろいもの! ためになるもの!

ぐっと人の心を引き寄せて、落ちをつける。
いわゆる商業小説のほうが評価が高くなります。
先ほどのホラー小説はまさにこれ。おもしろい

なろうサイトなら、埋もれてました
ネット小説が商業小説らしく。
おもしろい、ためになる小説が受けていく。

はてなブックマークを意識して感情を動かす話を書けるかが鍵

明確にこれ! っていうのはありません。
ただ、カクヨムの評価基準の★は3つ。

今回みたいにはてブで注目されていない作品は20以下。
それにたいして、
はてブで注目されれば、1日で1000のが付きます。
誰がどう考えたってはてブあつめるべきでしょう。

はてブがつくのは上のようにおもしろい、ためになった。
小説も同様に感情が動かされたが受ける。
だらだらと日常を書くんじゃなくて、
すっきりと構成した話が受けると思います。

いいお話だった! と誰かがはてブをして。
どんな話かを1話目から読んで共感したらはてブ商業小説らしいほうがうけがいいね。

ネット小説が商業小説のように変化していくのが楽しみです。

 今後は新人作家の賞の概念が変わる

賞を受賞したのを売り出す。いままでなら一般の人が入る余地がなかったけれど
ネット小説は読者の評価が加わります。審査する場合に自分が面白い+多数の読者が面白いと判断した。これなら書籍化するハードルがぐっと下がりますね。


・書籍化する前のお試し投稿

出版前はどんな作品の受けがいいのかわからないです
その例として、有名なハリーポッターがあります。
jkローリングは出版社が見つけられませんでした
子供が読むにはあまりにも量が多いために
「こんなの売れないよ」
と無名のjkローリングを追い返していたそうです
もったいなーい
将来のイギリスの資産家を見逃すとは!

ネット小説ならこんなことはないです
読者が面白いと思ったものに評価があつまるので
え? こんな作品がおもしろいの! というのが多数。
今ままでなら在庫を抱えるのが怖くて出版に踏み込めなかった本を
お試しで見られるのがネット小説のいいところ