読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

パシフィックリムは怪獣と闘い方が見所

スポンサーリンク

人間と怪獣の闘いの映画。続編も出ます。
続編は洋題「Pacific Rim 2」2017年の8月(以前は4月だったけれど、延期になりました)

 

 

観る前はゴジラっぽいと思ってました。

強い怪獣といかに闘うかを考えていくのが 面白かった。 巨大ロボットで怪獣に勝つのが基本  ロボットはイエーガーだって。 

 変わってると思ったのは、 イエーガーに2人乗りだということ。 ベケットが兄を怪獣に殺されるのが導入。

 

・面白いと思った所

怪獣との闘いの商業化 人間ってたくましい。 怪獣がぬいぐるみになって、イエーガーのりが ヒーロー扱いをうけるとか。CMに出るだけで広告収入凄そう。

 

怪獣対策がリアル

怪獣をロボットでぶん殴り続けない。 政府は防護壁を作ってロボット製作を廃止しようとしたりと理不尽なことがある。 個人間で意見の相違があって数学者ハーマンと生物学者ニュートが言い争ったりとおもしろい。あの二人相性がよさそう。この2人に今後の展開を説明させています。最後の方で2人して怪獣の脳を調べてました。バカっていいな。

 

謎がちりばめられる

なぜ、怪獣が来るのか

何でも地球を植民地にするために怪獣を作って命令しているんだとか。

なぜ、片割れになったイエーガーの相方に女のマコがなれないのか

過去に怪獣に襲われたトラウマでマコは闘えないんだとか。もう一個理由があるのが気になる。理由出てた? 上司ががんに侵されてるのはわかったんだけど。見逃した。

 

怪獣とたくさん闘うところ

形状が毎回違いました。

怪獣バトルものは大抵1匹。

この映画だと何度もバトルシーンが見れて迫力満天。

やたらハリケーンと一緒に登場するからちょっと見にくいのが残念。

 

怪獣に食われる男

あそこいる? て場面でくわれてました。遊び心あるわ。たすかってほしいね。
最後に助かってました。