読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

ダイレクト出版のインターネットビジネスマニュフェストが無料なのはなぜ?

スポンサーリンク

ダイレクト出版は洋書を専門に扱います。高くても売れるいい商品ばかりを紹介してきます。
海外のビジネスの話は日本より進んでいて、紹介するだけで儲けになるんだとか。
英語で書かれた本を和訳して売るわけなので日本の書籍を売るよりか高い値段になる。
ダイレクト出版でほかの本は2000円以上するのは和訳にかかった費用が入っていることでしょう。

で、不思議なのが無料の本があること。
送料が500円ほどかかるけど、やっすいよなー。
慎重な人ならダイレクト出版の本を一度代引きで買ってちゃんと届くのかを
確かめる?
それでも1000円ほど。
2980円のインターネットビジネスを買うことを考えたら安くて買っちゃうわ。

後々セミナーで10万、20万の勧誘が来るからです。
ダイレクト出版はmailアドレスを登録して買うことになるから
メールが届きました。

リッチシェフレン事務局からのお知らせっていうやつ。
PDFで自分の強みをみつけるとかいうのと、
無料のセミナーがありました。

本で自分の良さを伝えて無料セミナーの後に
10万、20万の勧誘に来ると、そういう戦略です。

売り方は上手ですよね。
無料のビジネス本で大量の顧客を集められる。
アフィリエイトできるからブロガーとアフィリエイターが紹介するのにいいんですよ。
本の素晴らしさを伝えた後にたった一言、
「いまならほんのお値段が無料!」
おおーー。となるでしょう。
中身も1980円に見合う内容ですからなおさらうれしい。
で、メールを見るとセミナー。これも無料。
参加してみると最後に有料のセミナーが紹介されます。

この本を買うときの注意事項は2点
申し込みのあとにセミナーの申し込みが続くこと。
ワンクリックで申し込みができちゃうとので注意しないと大変お金がかかる。
誤クリックしちゃったならダイレクト出版に問い合わせると対応してくれます。

無料セミナーの後に勧誘が来る
ここも意識しとかないとセミナーで買っちゃう人は買っちゃうかな。
気に入ったら買っていいけどね。
自分はこういうのを見ると買いたくなるから参加しない。

これくらい。
有料のセミナーは今までの本の代金を回収することと
金を払ってくれる顧客集め。
3000円の本だから80人のうちで1人買ってくれたら大体元が取れる感じかな。
無料で引きつけられた人が多いから高額セミナーに参加する人は少なそう。
少しマイナスになってるんじゃないか? と想像してます。
有料セミナーに参加してもらってある程度元をとれるうえに
その人は10,20万ほどをポンと支払ってくれる人。
1-5万くらいの何かを紹介すればポンポン払ってくれるそうだし、
集客方法上手だねと思います。

ちなみに、元になったインターネットビジネスマニュフェストは
無料。英語ができれば1980円のものがただっていいわな。
和訳されたインターネットビジネスマニュフェストはその無料本+伝えきれなかった部分を書いているんだとか。

大事なところだけ抜き出すと、
・お金になることをやる。ブロガーなら記事を書くこと。外注でも自分で書くのでも書かないとお金にならないでしょう?
・得意なことをやる。ブロガーになってブログ論をやる。それだとライバルがたくさんいて大変だから得意な分野に引っ張り込む。ヒトデさんなら面白いに特化、トイアンナさんなら恋愛。自分なら・・・・・・決まってねぇなあ。

文章書くのを頑張ろうと思った本です、はい。
紹介はしないわ。
この本読む時間を作業にあてたほうがええよとリッチシェフレンに言われた気がする。
凡人だもんなあ。