カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

WEB小説で誤字脱字を指摘されたときに間違えた字を直せるショートカットキー

スポンサーリンク

作者さんに
読者から指摘されるたびに書いた文章を読み直しているという人がいたんで

ショートカットキーのことを教えたら見つけやすくなったと大変喜んでいました。
誤字や脱字の修正の時間をできる限り短縮したら執筆活動に専念できるからありがたいんでしょう。それから指摘されてもすぐに訂正が入るようになりました。一度覚えてしまえば便利です。

そのショートカットキーは

windowsはctr+f

macは⌘(command) + f

このショートカットキーはキーボードにありまず。ctrはキーボードの一番下の段。⌘(command)も一番下の段。左右にあるんで押しやすいほうを押しながらfをおすと右上部に検索窓が出てくるのでそこに文字を入力してエンターキー。すると背景色がついた場所までコンピューターが導いてくださります。そこを直してしまえばいいですね。


WEB小説の一例(小説家になろう)

感想で誤字脱字を指摘されることが良くあります。たいていの場合。「魔法が魔防になってました」といった感じ。第何話なのか書いてくれる人はあまりいないですね。話数が指定されても人によっては1話数万字書いている人がいるので見つけるのはかなり苦労するでしょう。

・何話目かわからないとき

こういう時は一度全体のテキストをダウンロードして検索します。
投稿済み小説からタイトルをクリック。
で、管理ページのこの小説のURLをクリックします。

f:id:animezukikun:20160628214340p:plain

自分の目次ページに飛ぶので下のほうにスクロールしてTXTをクリックしてダウンロード。ファイルを開いてダウンロードを実行。ファイルを開くとメモ帳が出てくるので

ctr+f←windows

⌘(command) + f←mac

と押すと検索窓が出てて来るんで検索できます。
ここで第何話なのかがわかるようになります。
そしたら投稿済み小説でそのタイトルをクリック。
編集画面でショートカットキーを押すと直せます。

指摘されるたびにやってると手間がかかって面倒なんである程度たまってから直すと楽ですね。感想ページやメッセージ機能でも使って第何話でしたか?とか聞くのもあり。


・短編や何話かわかってるときの修正

投稿済み小説一覧を開いてタイトルを選択

f:id:animezukikun:20160628211158p:plain

本文の編集をクリックして

ctr+f←windows

⌘(command) + f←mac

f:id:animezukikun:20160628211525p:plain

で右上に検索窓が出てくるんで、文字を入力すると
一致した文字が色付きででてきます。

チェックツールなんかもあるけれどそんなに間違いってないから
使わなくても平気かなって思います。
文章チェックツールだと同音異義語がみつけてくれないから。
そのへんは読んでる読者のほうが優秀だよねえ。