カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

斉木楠生のΨ難の照橋心美は女子力高い

スポンサーリンク

ジャンプで連載中の斉木楠生のΨ難に出てくる女の子のキャラクター。
自分が美人だって自覚していて、男の子を照れさせるのが生きがい。
内心だと暴言を吐いたりしているんで表裏の激しい子。
街を歩いているところ、主人公の斉木楠生をみかけて己の美少女の行いに照らし合わせて声をかけてみるものの無視されてしまう。照れてしまって好き避けしたもんだと思ってまた声をかけるも無視される。その後も捕まえようとするも一度も振り返ることなくさけられつづける。途中で斉木が友達から隠れるためにテレポートしてしまい、幻を見たと勘違い。斉木のことが幻を見るほど好きなのかと思って恋心を抱く。

楠生のことをいい加減に覚えていたのでくにおと名前を勘違いして覚えている。斉木の母はくーちゃんとしかよばないし、クラスメイトから斉木としか呼ばれてないからきづいてない。片思い中の恋人のフルネームを間違って覚えてるってかなりまずいよなあ。

この辺りはまだ私が好きだからいったいどんな男なのか品定めをしてる感じかな。デートに誘った時なんて急転直下に好意が落ちてたから。たしか近所の男の子を遊園地につっれてったんだっけ?ねーわー。

高校生男女に他人の子どもが引っ付いてくるとかめっちゃ邪魔だもの。照橋心美が男にやさしい私によいしれてなかったら怒鳴りつけて帰りそう。明るくとらえて子供好きなアピールをするためにがんんばってた。子供の遊太くんに声をかけて斉木の好感度をあげようと計画。子供には普段ほど自分の魅力が伝わらないので苦手。っていうことはなんとなーくいいかな?って思う程度の男に自分の苦手をがまんしたと。健気―。はじめは子供の無邪気な発言でばきばきに心を折られるものの、好きな子供向け番組のキャラクターだと慕われることに。

照橋さんとしては子供好きアピールができたんわけで理想の結果に終わったんだろう。斉木君はそういう考えをすべて見透かす能力もちなんで平行線をいってる。

修学旅行だと斉木君が寝ているときに付属品をつい抜いてしまったりと思い切った一面がある。まさか頭につけているピンが能力制御装置だと気づかずに一波乱。テレポーテーションしてしまった時に照橋さんは自分の夢だと思い込み斉木に告白まがいのことをする。

頭の中でも斉木に告白しているうえに、現実(本人は夢だと思わされた)で斉木への行為を隠さないとか。かなり恥ずかしい目に遭ってる。超能力が使えるって事実を知ったらあれもこれも伝わってたと知るわけで見てみたい。
たとえば、最初の頃なんて男と付き合うなら年収4000万は最低欲しいと思ってたんでその辺の自分の理想の男性像がみやぶられていた。その後に斉木と会ったら自分が好意を抱いた相手の気を引こうとして、金持ちの求婚を断った思考を全部知られているのに気づく。みーたーいー。

一番恥ずかしいだろうなって思うのは斉木のことを「その優しそうな人見、王子様のような顔立ち、白い肌、いけないとわかってても目が行ってしまう」とかいう思考を読まれてることかな。片思い中の子にそんな考えが見透かされてる。


照橋さんってそんな悪い子じゃないと思うの。男子に好かれるために頭の中でいろいろ考えて頑張ってるんだから。まぁ、欲をいったらそういう計算抜きなのが一番だけどそれやられるとうそっぽいし。

考えてることまんま女の子っぽい。好きな子のことならばかに思えるくらいい、いいほうに、いいほうにとらえてなんとも思ってない男相手には角が立たないように接するだけ。これで街行く男にもててる設定も女っぽくないですか?ほら、頭の中で楽しむだけなら結構ありそうなんだけど。

初めのほうは親しい女の子がいなくて、この辺照橋さんが失敗したところかなあ。男子の人気がありすぎて嫉妬してる子いそう。腹黒なのかくらい女の子なら簡単に見抜いちゃうし。その辺あんま描いてないな。男性作家だから?少女マンガじゃないから?
友達の女の子ができて恋バナで盛り上がってました。

いいねーー、優しい世界だ。