読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

自殺の男女格差を見て、女性より男性のほうがか弱いんじゃないか?と思った

スポンサーリンク

男のほうが女よりか弱いだろうと思ったのが日本の自殺者数を見て。
世代別にみても、男性が女性の2倍はある。
僕は男なのではーとため息をつきたくなるような事実です。
そう思うと
男性は力の弱い女性を守るべきっていうのがどうもしっくりこないです



・男は自信をもって生きるように育てられる
そりゃあそういう男がかっこいいのはわかりますが、
女性と差をつけて育てられるのって問題。
「男がめそめそするんじゃない!」
「男のくせにめめしい!」
なんてのが学生時代によく言われていたこと。
転んでなくことを許されないとはいやはや厳しい。

こうなってくると、吐き出す機会がないのでストレスをためやすくなっちゃうんです。
経済的な影響を男性はもろに受ける
だいたいの自殺数をみていくと
女性は横ばい。
男性は不況が起きた年に跳ね上がってるんです。
近年は女性も働き出してるんですから
女性も同じように高くなってないと変じゃないですか?

女性の場合だとぐちをいっても許される
人に頼っても構わないっていうのがある。

・数字を見ると男のほうがか弱い
理由別で見ていくと
男性は
女性の2倍亡くなっているんで
男は女性を守るべき! と思えん。
ぎゃ、逆じゃないかな?
どんな不況が来ても自殺者は横ばいって女性の方が生き残るちから強い
・男性の意識改革進んでいかないかなあ
「ぐちをいってもかまわない」
「泣き言をじゃんじゃんいっていこう」

みたいな。
ストレスにたえるのて我慢するよりつらいなーいやだなーといったほうが
耐えられるんだとか。
我慢し続けちゃう人はある日折れてしまうけど
適度に力を抜いていくと最後まで折れないと。

なので、もう少し男のぐちに寛容になってほしいもの。
ぐちをいってもかまわないって男自身が思えるように育ててほしいわ。

自殺者0の世界、早く来てほしいな。