読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

上野駅から東京スカイツリーへバスを利用した行き方!どこでお土産買えるの?

日常

スポンサーリンク

上野駅から降りるなら公園公園改札口です。
バス乗り場が一番近くになるので便利でした。
東京スカイツリーへ東京メトロを使っていくやり方も載ってました
これは人の好みですね
f:id:animezukikun:20170103011812j:plain
僕はバスを使用していきます
バス停は大きな歩道橋を渡った側の右にありました。
東京文化会館の前を横切って通るとバス停が見えてきます。

f:id:animezukikun:20170103011311j:plain

バス停はほかの路線のもあるので間違いのないよう、
浅草、上野、東京スカイツリーを回っているバスを利用しましょう。
料金は前払い制で大人220円。
時間は30分で浅草ビューホテルや浅草3丁目を経由していきます
バスの天井はガラス張りで見晴らしがよいですが
割れたらガラスが降ってくるんだと思うと恐ろしかった

東京スカイツリータウンへつくと
スカイツリーのすぐ近くです。
チケットを当時買うと4階のチケット売り場が時間になると開きます。
開いてしばらくすると
f:id:animezukikun:20170103013033j:plain
看板が出ます。30から40分待ち。
時間まで外で待たされるので
冬は寒くて夏は暑いので予約券の購入がお勧めです。

そういえば、スカイツリーの当日券売り場の前はスケートリンクがありました。
待っている間遊んでみるのもいいかもしれないです。

予約券を持っている場合はタワーの中に入れてくれて
ぬくぬくと時間まで待たせてもらえました。
木の椅子があってがらがら開いていたので
楽に座れますね。
背もたれがなくてよっかかれなかったのは残念。
この辺りで上野駅から東京スカイツリーまでの行き方はわかりましたか?
あとは中がどうなっていたのか書いていきます。
エレベーターを使うとなにやらダイヤモンドを模したガラスが
光り輝きます。どの位置からでもよく見れるので綺麗ですよ
四方は壁に囲まれていて外の景色は見えません。
この辺り、一気にがっと上がるので
耳が痛くなっちゃう人もいるらしい。
ここまででいっかーと行って上階に行かない人もいました。
おじいちゃんでしたよ・・・・・・。
乗り心地はゆれずに立ってられました。
着いたときも特に揺れず、金をかければこんなに揺れなくていいんだと
思いました。

着いてからは順路に従っていれば基本自由。
そういえばガラス張りの床が見当たらなかったなあ。
f:id:animezukikun:20170103013334j:plain

東京スカイツリー天望デッキ(350m)の景色

f:id:animezukikun:20170103013652j:plain

まあ、まあそれなりに高いかな。
と、高所恐怖症気味のカメ太君は思いました。
知人のビニールハウスのった時は足がガクブル震えて
苦笑いされたものです。

つづいて、エレベーターをまた利用します。
このとき、扉側にいると外の景色が堪能できます。
運の悪いことにカメ太は扉側でした。
「いやああああああ」と思いながら下を見続けて
恐怖感を楽しめるのでちょっとしたアトラクション気分です。
彼女さんときてる方はぜひ! 下を見てごらんとアドバイスしてあげてください。
僕は耐え切れなくて空を見上げてました。
あー、あー、こわくなーい。こわくなーい。

着いた。

東京スカイツリー天望回廊(450m)の景色
f:id:animezukikun:20170103014139j:plain
ひぃい。高いですねえ。
かなり太陽が近かったようで暑がりな幼女がスカートパタパタさせて
お母さまに怒られてました。スパッツだったからあつくなったのかねえ。
外国の方が熱心にセルフィーをしててこれが噂の! と、思いました。
あとはじめしゃちょーが持ってるような自撮り棒使って
景色撮影する人もいました。
でもあれは外に向けていたわけで、他撮り棒?

こんな感じで東京スカイツリーを上っていったわけですが
お土産屋さんや飲み物を買う場所などは帰りでないとありません。
下りで遭遇します。

ガラス床も帰りのフロア340で遭遇するので好きな人は
やってみましょう。2重構造になっていて安全対策はばっちり。
ジャンプしたらどうなるんだろう。
イグノーベル賞がもらえるかもしれない。


エレベーターがお土産屋さんのところで止まるんですよー。
商売上手ですねえ。
限定のお土産があるので興味がある方は見ていきましょう。
帰りのエレベーターで「お土産です」と声掛けしてくれるので
迷いようがないです。

全体通して言った感想は
展望デッキと回廊で景色はかなり違って見えること。
回廊のほうが人数少ないので混雑が嫌な人は
ちょいとお金をかけるとすっきりと景色の写真を撮れたりします。