カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

「はじめての人のための3000円投資生活」の失敗者から学べる長期投資のコツ

スポンサーリンク

f:id:animezukikun:20170815234604p:plain
こんにちわ。
お金を投資して気楽なリタイア生活送ってみたいなーと思ってるので
金融関係の本にめっちゃ興味あります。

書店で目に入ったのがタイトルにある
はじめての人のための3000円投資生活

横山光昭の著書で投資本です。
この本では貯金をしつつ投資をする方法としてバランス型の投資信託をお勧めしていました。
1万人も相談に乗って4000人を成功に導いたと書いてありました。

資産形成のお手伝いをするうちに
失敗する人、成功する人の差があったとのこと。


いったい何が悪かったんでしょうか?

調べすぎる

f:id:animezukikun:20170815234728p:plain


横山さんいわく、

「まじめな人ほど損をしたくないと考え、投資関連の本や雑誌、
証券会社のホームページや資料を読み込み、勉強しようとする傾向があります」


「そして事前の研究に大量の時間とお金を費やした挙句、投資を止めてしまうこともあります」


わかる。
僕、株の本買おうと情報の海に溺れましたから。
基礎的な本は、新宿の1日の乗客並にたくさん。
投資家の1人1人を見ていったら目も当てられないです。
投資家のウォーレンパフェットの本だけでも数十冊ある始末。

ローソク足とか有名どころをよく読み、
板を買うとき参考にしようとせっせと学んでました。
するとどうでしょう!

その間、
1円も稼げてないんですよねえ。


著者は手軽に始められる3000円から投資を始めると良いと言っています。
まずは実践でやってみることです。

SBI証券、楽天証券など主要な証券会社をぱっぱと開いてと入金。


最近はネットで口座が開けて簡単です。
身分証明は画像のアップロードですむし、
昔のように口座の維持管理料を取られることもないんで
何にも負担がありません。


ただ、手軽に始められるからこそ失敗する人というのも出てきました。

すぐに結果を求める

f:id:animezukikun:20170815234945p:plain
横山さんは失敗例で
ちょっとした株価に一喜一憂してしまう人を上げてました。

毎日株価眺めてニヤニヤしたり落ち込んだりしても良さそうなものですが
他の投資に目移りしてしまうんだそう。

投資信託の運用益や株値を見ていると、変動します。
投資ですから1次的にマイナス値になることも。

自分が持っている投資信託や株式の値が上がると、すぐに売ってしまったり、
ちょっと値が下がると、慌てて損切したり、、別の銘柄の株を買い足したり。
そんな人が少なくありません。


投資信託って言っても種類があって
高リスクハイリターンのもの
金融機関が薦める手数料が高い金融商品。
銀行の窓口で進められるあれね


このファイナンシャルプラナーさんは長期投資を進めているんです。
最初から投資する額は3000円。

10年、20年と長い間にわたって投資をしていくと
投資額は36万円、72万円です。
運用益が5万9224円、26万4906円となっていきます。

ちょっとしか増えないんです。

一度損してるときに売却してしまったら
せっかく積み立てた3000円の利益が吹っ飛びそうじゃないですか?

だから3000円ずつ積み立てたいなって思ったら本の指示通り買って
待つだけで良い。

インデックスファンドはどこにするのかとか本書に書いてありました。
気になるって人は読んでみてください。

今始めるとお得な投資は?

ビットコインが3000円投資にいいと思うんですよねえ。
取引所が1か所横領でつぶれてから
「ビットコインは危険」
と風潮が高まっていたんですが流行が再燃しています。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck