カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

現金って電子化できてなかったの?仮想通貨のビットコイン買うようになって初めて知ったわ

スポンサーリンク

仮想通貨の買った時、
仮想通貨はすごいんだぞ!というのをJPYとBTCの価格で判断しました。
1BTCが30万超えてましたからね!!

みんながすごいっていうから乗っただけなので
さっぱりすごさの理由がわかってません。

調べていくと面白いですね。

現金が電子化できてると思ってたっていう誤解がとけました。

現金が電子化できてない

はて?

だってスイカ、電子カードあるじゃないですか。
学生時代にどうやって電車通学したと思ってんのさ。
定期に現金チャージしていったんだけど。

定期で電子化した時の現金の流れ

まず、1000円分チャージするとき紙幣を使います。
つづいて支払いのときにピッとすると1000円がぽーんと電子データででます。
するとどうでしょう!
1000円が別の場所に2個。
2000円が存在することになってしまいます。
放置するとスパーインフレがおこるのでプログラムを組んで調整しているんだとか。


これが電子データを現金にするときの問題です。

お金をデータにしてよそに送るとき
データの原本をそのまま送ってるわけではなく
コピーしたデータを送り先で反映しています。

紙のコピーと違ってそのデータに差はなく
コピーと原本に差がありません。
よって、現金を電子化することができない。

はー。
1995年のイギリスでMondexの電子マネー実証実験から14年。
2009年までだれもこの問題を解決できなかったと。


でも不可能ってわけじゃなかったんです。
たとえば、みんなが共有の台帳をもって
そこに書いてある数字で取引をすればOK

このくらいなら誰か思いつきそうですよねえ?
P2Pネットワークを利用すれば共有の台帳を持つのは出来ます。

ここで問題がでてきます

P2Pネットワークを監視する人がいないということ。

たとえば、同じ人がこれから20だけ持っているビットコインを
加藤さんと田中さんに渡すとします。
管理している人がいないのでできちゃいます。

管理する会社があればいいですが、それをしないのがビットコインの思想です。

残高のチェック、どうしたらいいんでしょうか?

世界統一銀行みたいなのが作れればいいんですが、
そんなの夢物語です。

正直者が得をする仕組みを作った

ビットコインでは有志の人にやらせることで共有台帳の監視をさせています。
それがマイナー。
ビットコイン開発当初はパソコンの余剰分でマイニングできましたが
現在では大規模なグループを作って効率化を図ってます。

残高の正当性を認めると
マイナーは新規発行のビットコインと送金手数料のビットコインがもらえ
ます。

おかしな奴が持ってもいないビットコインで支払っていないか?
これでP2Pで共有するネットワークにお金がどばっと出現するのを防ぎます。

ある取引の正当性を保証するマイナーは
別のマイナーたちに正しいかをチェックされて
ウソをついていないことを証明する仕組みです。

正直者として行動することでお金をもらえる仕組みです。
偽造品を作るとビットコインの価格を落とすことにつながるので
マイナーはやりたがりません。

具体的な承認作業の前を理解するには
ビットコインがブロックを作る仕組みを知っておくと分かりやすいです。


台帳は取引でいっぱいになると
書かれた数字を数列ともみなしてハッシュ値に変えます。
これが1ブロック。

ハッシュ値は取引の内容を改ざんしたとたんに変化してしまい
痕跡が残ります。これが周りのマイナーのチェックが入ります。

改ざんしてない、取引内容で2重譲渡してないと認められたら
ハッシュで閉じた1ブロックを作ったマイナーに報酬が入ります。

ビットコインはこうしてブロックを積み重ねていって
改ざん困難な共有台帳を作ることに成功しました。

一見するとマイナーたちって楽そうですよね。
マイナーが取引内容をハッシュの値にするときは
条件が付きます。ハッシュの値が桁数が○○になると
取引が閉じたブロックになるというもの。
ハッシュ値は数値を入力して答えを出すたびにちがった値がでるので
その条件になるまで何度でも繰り返しやらされます。

マイナーはこの値がうまく出せると取引のときに書いてあった
手数料をもらえます。ところが、現在のマイニングは取引を認める条件が難しくなっており
この手数料だけでは作業に見合いません。

管理者になっているマイナーには程よくえさを与えて
取引台帳を管理させる。これで銀行のような管理者を置かない仕組みを作り出しました。

マイナーは取引の承認に成功したら自分のアドレス宛に
新規に発行したビットコインを送る権利を得ます。

取引内容の正当性を認めることが
お金になる仕組みをナカモトサトシが考えたのをみんなして
称賛しています。

2009年に現金が電子化されたんですね!