カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

丸山くがね作「オーバーロード」のアインズ・ウール・ゴウンがいい上司!

スポンサーリンク

オーバーロードはゲームサービス終了時に謎の転移が起こり、
遊んでいたユグドラシルを模した世界で国を経営していく物語です。

アインズは異業種のオーバーロードとして
ナザリック大墳墓で癖のある部下を管理しています。
以前は日本の平のサラリーマンとして生活していました。

アインズ様、そこそこのブラック企業で働いていた経験から
部下に想いです。

部下に40日周期に1度の休みを与える

ブラックじゃないから!

アインズ様大好き!な部下たち。
基本的にアインズの意見に従うんですが
これでは休みすぎだと不満を述べます

まあ、転移した場所は平原ですから。
もっというと王国と帝国の間。
「ちょっとコンビニに」
とかできないんですよね。
週一で休ませたいアインズ様、妥協したんですよ。

「うるさい!いうことを聞け」といえばいいんでしょうが
条件を付けて部下を見出しの条件で休ませることに成功しました。

1日アインズのお付となって世話をするために
1日の暇をやる。

アインズ様の専用メイドの日に備えて
栄養を取り、しっかり睡眠をとるようになりました。

オーバーロードという異業種を簡単に言えば
骨です。

部下たちからするととても
「かっこいい」らしく
御洋服を着せるのに熱心になって
メイドたちが思い思いのコーディネートをします。

そのあとは部屋の掃除や1日アインズにつきっ切りでお仕事をする。

アインズ様はメイド1人一人の名前をしっかり覚えて
”名前”を読んであげるというサービスっぷり。
たまに「君に見とれていたんだよ」とか
骨にしてはなかなかいいセリフを吐きます。

YESマンの部下を成長させる

NPCでコマンドに従う部下たちが命を吹き込まれたのが今です。
ぷれいやーのアインズの指示にNOをほとんどいいません。
アインズ様が間違えるはずがない、至高のお方!
と、ただのサラリーマンを尊敬しているわけです。

部下たちに失望されたら謀反を起こされるかもしれないと思って
アインズ様は必死に頭のいいキャラを演じるわけですが
限界ってありますよね。
ミスった時に指摘してもらえないのは困るから
あえて部下を成長させます。

コキュートスがいい例です。
コキュートスに弱いランクのアンデットを引き連れて
リザードマンの集落を襲うように指示をしました。

まあ、失敗します。
本来ならコキュートスはリザードマンの集落を調査して
「人数が足りないからもっと増やしてほしい」と言わなければなりませんでした。
弱いまま波状攻撃を仕掛けるなめたプレイに対して、
リザードマンは一致団結。
部族ごと別れて戦わず、総力戦をすることにして
みごと、アンデットに支持するリッチを倒すことに成功します。

コキュートスはこの時の失敗を悔いて
活躍してくれるはず。

がんばれぇ、アインズ様

一国の王でも現地のビジネス本から学ぶ

むこうにも自己啓発本があるんだあと親近感がわきます。
現地の言葉は読めないんですがマジックアイテムを使うと読めるので
アインズは仕事の合間に読んでいるようです。

部下を育てる方法をここから学んで
日々の運営に生かしています。

王さまっぽい言動をするためにメモを取って
誰もいない部屋で
「騒々しい、静かにせよ」とか
「面を上げよ」
などなどできる限りしぶい声でやれるように
頑張って練習しています。

メモはメイドの掃除で発見されないように
収納ボックスで隠したうえで秘密のバスワードを言わないと
開かない仕組み。何だかかわいいです。

この努力が実ったようで
大墳墓に侵入してきたワーカーたちを全滅させる前に
披露したところ王の貫録をみとめてもらってました。

やったね、アインズ様。

部下の容姿で差別しない

アインズがいたチームは異業種のあつまりです。
ピンク色をしていた肉の塊で誰とも組んでもらえなかった
プレイヤーを仲間に入れたりと心が広い人たちでした。
そうした人たちはゲーム終了前に結婚したとか
仕事が忙しくなったとか様々な理由で離れています。

アインズのNPCに1人、恐怖公というのがいまして
こいつ、ゴキブリなんです。
部屋の中には無限に召喚された部下のゴキブリを従えて
共食いをし合っているというエリアにいます。

NPCの中で女キャラから忌み嫌われていました。
アインズ様も容姿が苦手ながら友好的な態度をとるあたり偉いです。

そうそう、恐怖公は現地の人間を従えるのにとっても役に立つんですよ!
人をその部屋に放り込んで
身体をおいしく食べながら再生を繰り返すと
素直に言うことを聞いてくれるお人形になるんだとか。

本について
オーバーロードっていう本で11巻まででてます。
自分と同じように転移したNPCがいるのではないかと恐れて
なるべく穏便に世界征服をする話です。

アインズとしては目立つように活動するだけのつもりだったんですが
ちょっとした手違いで世界征服をもくろんでいると
部下に勘違いされたんですよねえ。

このまま世界は征服されてしまうのか?
気になります。