カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

仮想通貨について学べる映画「マジック・マネー」のレビュー

スポンサーリンク

カメ太です。
Amazonプライムで配信されていたので見てきました。

ドキュメンタリー映画

仮想通貨の中でもビットコインに焦点を当てて説明しています。
技術者やお店の人などにビットコインの取材をして
まとめた映画でした。

ビットコインをどんなものなのか
難しい技術無しで見るのにはいいと思います。

映画としては面白くないですね!
囚われのヒロインが出てくるわけでもなく、
ビットコインを巡っていさかいが起こるわけでもなく
淡々と取材だけしていきます。
こういうのが嫌ならスタートアップっていうドラマなら
楽しめそうです。

ビットコインはだれなのか?

ビットコインは何に使われているのか?
国際送金
アーティストへの投げ銭
お店の決済
実物としてビットコイン

などなどがまとまってます。

映画は2016年のもので今見ても???となる部分があります。

手数料が高いこと。
映画の中だと国際送金より安くなるとのことですが
高いよ、ビットコイン!

ついでにいうと国際送金の安さっていうのは
リップルの役割ですよね!

今からビットコインがその位置に返り咲くのは無理です。

これはビットコインがより金の位置づけに近くなってきたからじゃないかなあ。
扱いづらいけど価値はある。
みたいな。

とりあえず、映画を見て
1年で仮想通貨の評価が大きく変わっちゃうんだなっていうのが
恐ろしくもあり、わくわくしてきました。

ビットコインは1年後に店舗で利用されなくなるかもしれないし、
分裂して2,3に別れちゃってるかもしれない。

仮想通貨全体の流れは
便利な通貨が産まれていってるわけで
良い流れでしょう。