カメ

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

コインチェックの評判はいい。初心者が使いやすい取引所になっているか?

スポンサーリンク

コインチェックは使いやすい取引所になっています。
携帯からの簡単注文。
タップをして数量を記入すればすぐに取引できる

でも、聞いたことない企業なんだけど、怪しくない?
和田 晃一良、コインチェック株式会社代表取締役。
大塚雄介、COO。
誰?

仮想通貨を始めようと思ったとき不思議だったのが大手取引所が来てないこと。

楽天証券、SBI証券などきけばわかる企業がないんですよね。
証券会社は兼業禁止。金融商品や法定通貨以外取り扱えなかった。

ビットコインは通貨といいつつ、法律上は物あつかいでダメでした。
フットワークの軽い企業がやってきたから聞いたこともない会社ばかり。

今は通貨になってます。
情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための 銀行法等の一部を改正する法律案要綱より
2017年4月なので最近ですね

仮想通貨交換事業者に登録できれば証券会社でも平気。
コインチェックはここに申請を出してます。


セキュリティ面でサーバー攻撃に対応できるか?顧客情報の管理など良く審査されてます
いずれ許可が出るでしょう。

コインチェックの良さは取り扱うアルトコインの多さ

ビットコイン以外のコインがアルトコイン
12種類です
Ethereum(イーサリアム)
Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)
LISK(リスク)
Factom(ファクトム)
Monero(モネロ)
AUGUR(オーガー)
Ripple(リップル)
Zcash(ジーキャッシュ)
NEM(ネム)
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
MONA COIN(モナコイン)


取引所のzaifは6種類。倍くらい違ってきます
ビットコイン以外の仮想通貨はなにがあるのか?
時価総額上位の通貨に投資できます。

ビットコイン価格は今年に入って6倍程度。
ほかの通貨ならもっと値上がりするかも!
と、仮想通貨の投資をしたいなら多くの通貨を扱ってるとわかりやすい

買い方はコインを買うからビットコイン。
ビットコインから好きな仮想通貨へ

売るときは逆に。

単純にできてしまうので
パスワードを突破されないように。

特に二段階認証は必須です。
やっていないのは駅前に鍵無し自転車を置くようなもの。
何年も利用していればいつかは盗られてしまう。

コインチェックは2段階認証をしていれば保証が100万円まであります。
東京海上日動が連携してるサービス。
それが設定してあれば盗られる人はまずいないということ。

あとはパスワードを複雑に
使いまわさないといった基本的なものを守る。
やっておいて損はないですね。

悪いところは取引手数料の高さ

コインチェックに5000円クレジットカードで購入。
ビットコイン買ってリップルに交換してるうちに
気が付いたら4000円。価格が下がっているのもあるけど
それにしても低くなりすぎる。

原因は取引手数料の高さ
販売所と取引所の2種類。
ウォレットからコインを買うのが販売所から買う
板に注文出して購入するのが取引所から買う。

ビットコインは取引所で買えるものの
アルトコインは販売所のみ。
なのでアルトコインを買おうとすると割高になります。

ビットコインは販売所で買うのをやめるといいですね。

コインチェックは売買手数料無料キャンペーンをやっているものの
取引手数料はかかります

ほかに、入金方法の違いでお金が変わってきます
クレジットカードでの購入
クレジットカードは料金を会社が負担している部分があるので
手数料上乗せ。

時期によってさまざま
0.2%~0.7%。
売る値段を安く、買う値段を高くするスプレッドの差込みにすると
2-7%。

安いのは
Zaif
です。

コインチェックにいいところはないのか?

アルトコインの貸仮想通貨サービス

信用取引をしている人に通貨を貸出す。
ビットコインをはじめとして通貨は分裂できます。
もとになっているコインを多ければその分もらえる。
なので借りる人がいます。

あとは取引の魅力。
売るときの急落は急降下しやすく、当たれば儲けやすい。
上下の値動きでお金が増えていくのはいいですよね。

貸仮想通貨はその人たちにお金を貸します。
もちろん勝手に引き出すのはむり。
普段は金利で利用者からお金をとっているので
多く損が出たときはそこから補填。

貸している側はリスクほぼ無しで利用できます。
アルトコインが5パーセントの年利で貸出せるのが魅力的
bitseederで同じくらい貸し出しても1%未満ですから。

コインチェックを利用するなら
貸仮想通貨サービスでアルトコインを貸出すために使う。
ここが魅力的。

国内だとコインチェックだけができることです。

コインチェックの開設に向いているのは
どんな仮想通貨があるのか一覧で見たい人。
貸仮想通貨サービスを利用してみたい人。
coincheckを開設する