カメ

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

マネックス証券でIPOに参加、挑戦するなら複数口座もつこと

スポンサーリンク

新規公開株をIPOといいます。
日本語で書けばいいのに。
上場する前に株を買って人気が出てきたら売るというもの。

仮想通貨のICOと同じ仕組みですね!
僕はALISのICOで資産4倍になりました。

IPOでも同じように上昇を期待して参加をします。
2017年は2割くらい公募価格を割っていました。
人気のないIPOほど参加できてしまうので注意が必要です。

参加はマネックス証券をはじめ、SBI,楽天、カブドットコムなどなど。
みんな1つの銘柄に別の会社から申し込んで当選確率を上げようとします。
できる限り多くの口座を持っておくのがいいですね。

マネックス証券でIPOに参加する流れ

マネックス証券にログインします。
パスワードとIDを入力。
f:id:animezukikun:20171113153558p:plain
商品・サービスのところから新規公開株IPOを選択。
f:id:animezukikun:20171113153848p:plain
お申込み、購入の見出し。
銘柄一覧、ブックビルディング参加をクリック。
f:id:animezukikun:20171113155059p:plain
買いたいと思う銘柄の需要申告がでてれば公募がはじまってます。
この銘柄はまだですね。
適当なのがなかった。
f:id:animezukikun:20171113155331p:plain
詳細情報を押すと
目論見書が下にあります
ここに目を通して確認しましたとクリックしないと参加できません。
プラウザのクロムはポップアップをブロックしちゃいました。
設定でこのURLを許可するに変えておきましょう。

あとはブックビルディングへ参加というボタンを押して
株を申し込むみたいに購入。

申告数量と申込単位をあわせます
申告価格は成行がおすすめ
仮条件に値段の幅がありますがみんな最高額で入れてきます。
入力間違いしないように機械任せがいいでしょう。

暗証番号入力。
実行を押せば抽選番号が出てきます。