カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

悪徳領主ルドルフの華麗なる日常が書籍化。読んだ感想

スポンサーリンク

書籍化したっていうことなんで
小説読んでみることにしました
あらすじは悪徳領主ルドルフの華麗なる日常にあります
買わなくても無料で楽しまるのはいいですよねー。
気に入ればプロの挿絵、校正がついた
悪徳領主ルドルフの華麗なる日常【電子書籍】[ 増田匠見 ]買えばいい。
猫を満腹にさせてやるいじめしたったみたいなかんじでしょうか?
ここは辺境の地ファーゼスト領。
土地は痩せ、魔の領域に囲まれた最果ての地。
それを治めるのが私、ルドルフ=ファーゼストだ。

「私の領民だ、拐って何が悪い?」
「金を貸せだと?よし、5倍にして返せ!」
「食糧が欲しい?貴様はブタの餌でも食っていろ」

などなど我儘放題、好き勝手し放題。
強きを助け弱きを挫く、悪徳領主ルドルフの華麗なる日常をお届けします。

悪そうな顔してますねー。
主人公はルドルフ。
貴族です。

領地を運営するにあたって
悪魔と契約を結んでいて好き放題する。

悪魔は怨嗟の声を集めることで
力を蓄えたい。

ルドルフのほうは信仰することで
チカラをもらうと。

ところが、ルドルフの一族はそろって斜め上を行く。
悪魔がせっかく悪いことを支持するのに
実行したら民に感謝される。

これを数世代にわたって繰り返し、
ルドルフは特にひどい。

このあたりのずれを楽しめれば面白い。
年間コメディランキング1位に輝いていた作品でした。

作者の増田 匠見(旧master1415)について

仕事が10連勤とか忙しそうな中更新をしています。
書いた作品を読み返して元気をもらってるんだとか。
ついでに誤字脱字を治しているそうで
僕が読んだときは読みやすかったです。

著者の名前の由来はマスターの日本語へ直したのを2つ並べた。
1つは読み。マスターを増田に。
マスターを日本語にした時の匠を匠見に。
名前を付けるのは苦手。
家族に「2つ名」の相談するエピソードみました!
恥ずかしい2つ名を作ってくれるサイトあったなー
ああいうの使うのはダメなんですかね。


小説の前書きやあとがきを書いてます。
1ページごとに書いてありました。
最初のころは書籍化するなんて思ってないんだろうなーとか。
ブックマークや感想をもらうたびに喜んでいます。

作者としては短編形式のこの作品。
いつでも終わらせられるしーと気楽に書こうと思ってたんだとか。
それがあれよあれよというまにブックマークが増えて書籍化。

ネットで小説を簡単に公開できるからこその
展開ですね。