カメ

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

図解 自分を操る超集中力の評価、子供のころ読んでおきたかった

スポンサーリンク

図解 自分を操る超集中力はamazonや楽天などで評価が高い本です。
書店で見かけたので目次をパラパラ読んで購入決定。

家に帰ってじっくり読んでみました。
感想
もっと小さいころ読見たかったと思いました。

勉強に身が入らない子供だったんで
この本参考になったろうな。
集中力をコントロールすれば
毎日勉強できても苦じゃなくなる。

子供のころ集中力がなかったdaigoさんが
心理学の本を読んで自分をコントロール。
上位私立大学には入れた実績ありです。

内容

集中力をどうやってつけるかを図解付きで書いてあります。
多数の研究者の出した本を読みながら集中力にかかわるものを抜粋。
わかりやすく組み立ててあります。

第1章が集中力を操る3つのルール。

集中は有限。何かを決断するたびウィルパワーが減っていく。
日々の決断を習慣化して容量を残していく。
服選びや献立などなど。

無意識の行動を意識すると集中力がつく
姿勢を良くする、呼吸に意識を向けるなど。

自分が集中できた環境、行動を記録していく。
自分に暗示をかけていくため。

第2章が集中力を生み出す3つのエンジン
場所、食事、姿勢、感情、習慣、瞑想、運動。
ウィルパワーの節約が余計なものを置かないことや習慣づけ、姿勢など。
有効活用するために食事や感情を利用する。
なくなってしまったウィルパワーは運動で回復させよう。

第3章が疲れをリセットする3つの回復法
睡眠のとり方
目の疲れをとること。
脳を落ち着けるために嗅覚を利用する
不安や心配事をなくすテクニック

第4章が集中力を自動で作り出す5つの時間術
時間管理の方法について書いてありました。
やるべきことのリスト化
25分の集中と5分の休憩を繰り返す
集中できる時間の使い方をしていきます。


ここまでで本の内容は終わりました。
前に同じ内容の本を出しています。
たしか、自分を操る超集中力がありました。
とっつきやすいのは図解 自分を操る超集中力ですね。
前も読んでるのなら買わなくてもいいかなーって思います。

【メンタリストDaiGo オリジナルのダウンロード特典あり】図解 自分を操る超集中力