カメ太

ニュースやアニメ、本、映画などについて書きます

映画暗殺教室の茅野カエデは触手隠しが報われて良かった

スポンサーリンク

暗殺教室の映画みました。
結構盛り込まれていました。
卒業編があるからたのしみです。


茅野カエデは山本舞香が演技していました
原作の触手ネタが拾われていました。
頭に激痛があるのに茅野はよく動く。
最初に触手生物のあだ名きめたり、烏間に話しかけたり。この子、率先して声だしをしてるけど体調をひた隠してるとは思えない。

2人目の転校生が出てきたときに茅野は驚いたでしょうね。始めに、イトナと殺せんせーが兄弟だといったときは迷っているようでした。次に、イトナが頭に触手をつけていたことから兄弟だというのがわからなかったらイトナも狙われたんじゃなかろうか。茅野にとってみればこの戦闘が見本になって生きて来るんでしょうね。

イトナが吹き飛ばされた辺り、殺せんせーと茅野もなにかを思い出してましたね。映画を見おわって、茅野行動にきづけます。研究室ので何があったのか考えてるんだろうな。

一番隠すのが難しそうにのは鷹岡のあたりじゃないですか。過負荷な運動に体罰があるから、茅野があのままいたら触手が暴走しそう。渚がよくやったなとおもいます。鷹岡がやられたのはすっきりしましたね。茅野は渚の変わりように驚いたでしょうね。

疲れはあるようで、水攻めのペットボトル準備の時はペットボトルを落としてしまっていました。
幸村先生の話しが出てきた描写は動揺した感じが伝わってきました。

映画だと触手は最後に映る程度でしたね。クラスのみんなにばれなかったから、まだ隠しとおせるんでしょう。





触手を隠してて良かったとおもいます。
そのおかげで殺せんせーの過去が聞けるから。
あと、漫画だと渚にキスされてたもの。
卒業編は山田涼介と山本舞香のキスがみられると。
触手を隠す甲斐性がありますね!
    

そういえば、
暗殺教室は完結してます。
漫画だとアクションのできる女優として茅野は有名になっていました。茅野と渚の仲の進展がなかったのは残念。